« どーーでも良い話。 | トップページ | 赤星憲広 »

野村克也『あぁ、阪神タイガース』

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学3年生へ

最近ではスポーツニュースでも必ず「ぼやき」シーンが放送される、イーグルス野村克也監督の著書です。この本はイーグルスファン向けではなく、一般プロ野球ファン向けといった感じでした。

全体の流れとしては、阪神タイガースが長年勝てなかった理由や野村監督がタイガースに伝統を感じない理由の説明にページが割かれています。
その中でもおもしろいのは、野村監督自らの阪神監督時代の実体験を織り交ぜた話です。今でもタイガースで活躍する選手達の当時の様子をもちろん実名入りで説明しています。

特に印象的だったのは、チームリーダーの大切さを説いているところでの「人間は無視・賞賛・非難の段階で試される」という言葉でした。これは一流の人間を育てる原理原則であり、見込みがない時期は「無視」、可能性が見えてきたら「賞賛」、そしてチームの中心になった時点で「非難」するという意味です。
タイガースでは様々な事情(もちろん紹介されています)で成功しなかった野村監督のチーム育成論を読むことで、イーグルスが強くなったプロセスがわかるような気がします。

Sdd_3

|

« どーーでも良い話。 | トップページ | 赤星憲広 »

こんなん読みましてん。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476042/20378286

この記事へのトラックバック一覧です: 野村克也『あぁ、阪神タイガース』:

« どーーでも良い話。 | トップページ | 赤星憲広 »